iPS細胞を用いて、難病の謎を解き、治療法を見つけ出す。
Untangling the riddle of intractable diseases and discovering their treatments through the iPS cell-based disease modeling.

図1.png

京都大学iPS細胞研究所・齋藤潤研究室のサイトです。

我々のミッションは、希少難治性疾患のiPS細胞を用いた病態解析により、診断治療法を革新することです。

我々の研究室では、様々な遺伝的疾患を持つ患者さんから人工多能性幹細胞(iPS細胞)を樹立し、病気の仕組みを調べたり、新たな治療法を見つける研究を行っています。主な研究対象疾患は、血液・免疫疾患・難治性神経疾患などです。また、血球や神経細胞へ分化誘導法の開発も行っています。

iPS細胞を用いた疾患解析・治療法開発を進め、一人でも多くの患者さんのお役にたてるように、研究に励みたいと考えております。

Our mission is to achieve innovation in diagnostic and therapeutic methods for rare intractable disease by studying their pathogenesis using iPS cells.In our laboratory, we establish induced pluripotent stem cells (iPS cells) from patients with various genetic diseases to investigate the mechanisms of diseases and to find novel therapeutic approaches. We are paticulary interested in hematological, immunologicaland neuromuscular diseases. We are also developing protocols to differentiate iPS cells into hematopoietic cells, neurons or muscles.

​京都大学iPS細胞研究所 臨床応用研究部門

疾患再現研究分野

電話:075-366-7000

住所:京都市左京区聖護院川原町53

Email: msaito-g*cira.kyoto-u.ac.jp